特長やメリットを知りその利用目的も明確にしよう

サイトメニュー

自分に最適な手術を受ける

女性

たるんでいる場合は様々な術法が考えられる

ぱっちりとした二重まぶたにしたいとクリニックを受診した人の中には、軽度の眼瞼下垂と診断されたり、目を開く力が弱いと言われたりする人もいます。主に加齢が原因でまぶたのたるみがひどくなった病的な眼瞼下垂の場合は、挙筋短縮術のみが有効です。これは伸びた腱膜を瞼板から剥がして、一部を切り取って短くしてから再度瞼板に縫い留めるという手術内容です。しかし、軽度の眼瞼下垂でこの手術を行っても効果は一時的で、1ヶ月くらいしか持たないと言われます。病的でない症状の場合は、切開法か眉下除皺術、ブローリフトが適します。切開法は、埋没法と並んでポピュラーな手術です。二重のラインにしたいところを切開して傷を作り、余計な脂肪などを取り除いてから縫い留めます。ライン全てにメスを入れるのが全切開、部分的にメスを入れるのが部分切開です。眉下除皺術は挙筋短縮術と似たような手術で、眉毛下ラインにメスを入れ、余った皮膚を切除することでたるみを解消し、きれいな二重を作ります。若年層でも生まれ付き眉毛の位置が低くて、上眼瞼が厚い人に効果的です。ブローリフトは下垂した眉毛を引き上げるために、眉上でたるんだ分の皮膚を切除し、縫い留める手術です。元々二重だったが、おでこの皮膚がたるんで奥二重になってしまった人などに適します。
元来一重まぶたの人が二重にしたい場合は、埋没法か切開法の2択しか考えないことがほとんどです。そして、いずれかの術法を選んでからクリニックを受診する人は多いですが、医師にまぶたの状態を診てもらって自分に適した手術は何かを聞くのが賢明です。脂肪量や皮膚のたるみ具合などは一人一人違い、何が適しているかは素人目にはわかりません。美容外科医であっても、手術判断は容易ではないと言われているくらいです。そのため、高度な知識を持つ医師を探すことが重要です。また、埋没法であれば永久効果を狙うものではない手術なので気軽だ、と考える人も多いですが、注意点はあります。まぶたが分厚い人や目を擦るクセのある人などは糸が取れやすく、何回も埋没法を受けるケースは珍しくありません。このように何度か埋没法を受けていると手術費用も嵩みますし、まぶたのたるみが進むなどの問題に発展する可能性はゼロではないです。やはり始めから自分に合った二重手術を的確にアドバイスしてくれるクリニックを受診したいところです。もしカウンセリング時の手術判断に疑問を持った場合は、他のクリニックにセカンドオピニオンを求めることも考えてください。顔の一番目立つ場所に手を加えるのですから、慎重になりすぎるくらいで丁度良いのかもしれません。