特長やメリットを知りその利用目的も明確にしよう

サイトメニュー

埋没法と切開法の特徴

医者

美容外科の埋没法と切開法の料金

腫れぼったい目元の人や、一重瞼、つり目などで悩んでおり、目元のコンプレックスを感じている人が増えています。くっきりとしたきれいな二重瞼に憧れている人は、美容外科のクリニックで、カウンセリングや診察を受けてみると良いでしょう。メスで瞼の一部を切開する方法と、切らない埋没法の2種類があります。埋没法はしなやかで切れにくい、極細の糸を使用して、瞼の裏側から縫合する方法です。眼球を傷つけず、傷跡も残らないので幅広い年代に人気があります。埋没法は仕上がりが自然なのが特徴になっており、腫れも目立ちにくいので、他人に気付かれにくいです。切開法に比べると、費用も安いので、専門学校生や大学生にも人気があります。診察やカウンセリングに時間を掛けてくれるので、自分の瞼の形状に合わせて二重のラインを作ってくれます。永久的な効果を期待する場合は、部分切開法がお勧めです。全切開法に比べると、切開する部分が少ないため、自然な仕上がりが特徴です。目元をくっきりと大きくしたい人や、目と目の間隔を狭めたい人にも人気があります。切開法は瞼の脂肪が多く、埋没法では効果が出にくい場合などに行うことが多いです。症例数を多く取り扱っている美容外科がお勧めです。
美容外科のクリニックで、二重整形を受けたい人が増えていますが、どれぐらいの費用が必要なのか知っておく必要があります。美容外科のクリニックによっても、多少は料金が違ってきますが、埋没法の場合は10万円以下になっており、部分切開法や全切開法の場合は、20万円から、30万円前後になっています。基本的には美容目的になっているため、健康保険は適用されません。複数の美容外科の評判や料金を比較して、平均的な相場の所を選ぶと失敗が少ないです。専門学校生や大学生の場合は、お得な割引が受けられるクリニックも増えています。埋没法に比べると、切開法は腫れやダウンタイムも長い傾向がありますが、腫れがひくと、きれいな二重のラインを作ることが出来ます。ぱっちりとした大きな瞳になりたい人は、切開法が人気があります。目尻や目頭の数ミリを切除することで、腫れぼったい印象の目元が明るくなります。美容外科のクリニックは、無理な勧誘などはなく、親切で丁寧な応対なので、不安や悩みを解消できます。高い技術を持った医療スタッフが在籍をしているので、自分のイメージする目元に近づけることが出来ます。目元は顔の印象を大きく変える部分なので、症例数を多く扱っている美容外科を選びましょう。